2011年05月30日

リードメールって死語?

数年前はリードメールってよく聞きましたが、今は聞かなくなりましたね。
リードメールって死語なのでしょうか。。。
そもそもどういう意味か知らないのですが。。。
【関連する記事】
posted by りーど at 14:10| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

リードメールとは?

リードメールはご存知ですか?
リードメールとは、メールに記載されたリンクをクリックして、広告主のサイトにユーザーを導いたら、いくらか報酬がもらえるシステムのことです。
サイトに導くのが目的のことから、lead mail、リードメールと呼んでいるのか、読んでくれたら報酬が発生するからread mailと呼んでいるのか定かではありませんが、英語では、実際は Paid to Read Email=PTR というので、リードメールは和製英語なのです。

日本では、メールマーケティングの市場はあまり大きくなくて、サイトでのマーケティングのほうが主なので、リードメールよりは、アドセンスなどのメールではなくてサイト上の広告をクリックすると報酬がもらえるクリック型広告のほうが主流で、リードメールはあまり知られていません。

それに、報酬はアドセンスは1クリック数円〜千円超であるのに対し、リードメールは1クリック0.1円とか、0.25円とか、小遣いにもならない額です。
メールマーケティングが普及する前に、ネット詐欺のほうが認知されたので、怪しげなメールは読まない文化が先に根付きましたからね、日本は。

それぞれのリードメール事情を調べてみると・・・

海外では、
海外で始まったこのシステムは瞬く間に普及していった。が、その反面、あらゆる方向に報酬が散らばってしまい、やがて宣伝業者も拡散していってしまったため、現在はすでに飽和状態による停滞期にある。まともに稼動しているサイトであっても、途中で登録者が飽きてしまうために生活もどうなるのかわからないような不定期な収入を得ている。また、突然消えたサイトは突如としてスパムメールを大量に送りつけてくることがあるため、登録するときは注意が必要になる。

日本では、
海外のリードメールと比べて報酬が高く、0.1円からの報酬が多い(スクリプトによっても異なるが、海外では1セント≒0.01円、またはその10分の1 が相場のところが多い)。また、紹介した人物が得る報酬の一部が自分に還元されるシステムを応用して、「ダウンサポート」と呼ばれるサイトも多く見られる。

以上、参考は・・・
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タグ:リード
posted by りーど at 11:26| Comment(25) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。